モ↑グ↓ハウス晒し

  俺の現在の所属国はバス。今も昔もバス。生まれも育ちもバス。ちゃきちゃきのバスっ子たぁ俺のことよ。
 で、バス民として常々思うことが、「モグハのレイアウト難しい!」ということなんですね。
 スタンダードで暖かみある木造家屋のサンド、エキゾチックながら静けさの漂うウィンに対し、バスはゴツい石造り。これはこれで独特の雰囲気は出てるんですけど、いかんせんバストゥーク様式の家具を意識して揃えるほど色味も空気感も堅苦しく無骨になっていく(ような気がする)し、かといって色々置こうとしてみると木製家具と壁の色合いが噛み合わなかったりもして……だがそれがいい。
 そのちぐはぐ加減もまた個々のモグハの特色なんですよ!

 以上、バスのモグハもなかなか良いよという訴えでした。シャレオツな他国モグハへのコンプレックス暴露とも言う

 というわけで(?)、他国のモグハSSを見ていたら無駄な対抗心が燃え上がってしまったので、うちのモグハを晒してみる。ドンドンパフパフ~。

 まずは全景。先にテーマを言っておくと「お店屋さんごっこ」ですw

 全体図

 手前半分を店舗スペース、奥半分をバックヤードとプライベートスペースにしています。
 合成の錬金術スキルを上げて職人カウンターを取ることができたので、へっぽこながら合成職人を名乗らせて頂き、職人であるからには自分の店とか持っててもいいよな~、錬金術ギルドの認可を受けて営業中の「街の小さな錬金屋さん」て感じで~……という妄想設定です。



 店構え

 左手前がカウンター。会計中に購買欲を煽る「レジ横」も完備(笑)

 陳列棚
 待合室

 カウンターの向かいは陳列棚と待合スペースです。オーケストリオンとお香で会計待ちの間も快適にお過ごしいただけますよ。ワラーラ香炉は冬になると暖炉(カノーネンオフェン)に取り替えます。

 陳列棚アップ

 この陳列棚のごちゃごちゃ感が自分で気に入ってますw
 季節イベントの調度品はデザインの凝った小物系が多くていいですね。並べるだけで賑やかになるのが「店」っぽくて好き。



 応接室兼用ダイニング

 ここは応接室とダイニングを兼ねたスペースです。場所としては右奥、アクアリウムのある棚の後ろですね。

 食卓

 食卓が甘いものだらけなのは気のせいです。しょ、職人は糖分が要るし、ケーキとお茶があった方が商談はスムーズなんですよ、多分!
 ババロアポティロンと共和式ティーセットはそれぞれ知人からの頂き物です。ありがとう。
 ちなみに、上の画像に映ってますが、後ろにプリッシュ、ファヴニル、闇の王、カーディアンの像が並んでます。スペースが空いてて寂しいからと並べてみましたが、結果的に落ち着けない食卓になってしまったような気もします。威圧感とかで。



 工房

 正面奥は職人らしく工房です。バスの暖炉って工房のかまどみたいな形だから、有効活用してみました。
 ここに置くために実験具一式が欲しくて欲しくて、素材集めから合成まで自力でやりました。今でこそモグガーデンから鍮石が採れるのでアトルガンブラスが楽に入手できますが、ガーデン実装前だったのでなかなか大変でした。苦労しただけに思い入れもあり、錬金術師を演出する小道具としてもお気に入りです。

 錬金職人の朝は早い

 ジェムスコープは彫金ギルドの指定生産ポイント交換品、いわば彫金師の証のような調度品なのですが、なんと競売に出品があったので買ってしまいました。一応彫金も60にはしてあるのでインチキではない……はずw



 寝室

 最後に寝室で〆。
 ブックシェルフ上の闘魚鉢(バグでベタ不在)も知人からの頂き物で、しかも銘入りです。本当にありがとう。
 それではこのままベッドへおやすみなさいというオチでお別れしましょう。皆さんも、モグガーデンもいいけどたまにはモグハいじるのも楽しいですよ。
 
 …ん、何か食われてるって? 気にしない気にしない。
 それではこの辺で。




                                   \アッオー/
スポンサーサイト

テーマ : FINALFANTASY XI
ジャンル : オンラインゲーム

コメントの投稿

非公開コメント

らうさんのお部屋、素敵ですね~(*´∀`*)
自分の国のモグハに合わせて調度品を揃えてやると、しっくりきっちりいくものなんだなぁって改めて思います。
石の床、石の壁には重たそうな家具が似合いますね!!

ジェムスコープいいなぁ~~ずーっと狙ってたんですが、ゲット出来ずじまい・・・しかしうちの部屋にはちょっと不似合いかなぁ(^_^;)なんて思うところもありますw

みじさん>
ありがとうございます。何を隠そうみじさんのモグハ記事に触発されて模様替え+記事書きましたw
自国の様式で揃えるとしっくりきますが、他国の家具との組み合わせの妙を楽しむのもいいですよね。ブックシェルフはサンド様式だけど石造りだからバスにも合う…とか。

ジェムスコープは顕微鏡付きなので職人とか研究的な小道具になっちゃいますからねぇ。
宝石ケースだけ独立したオーナメントケースなら女子部屋にもバッチリではないでしょうか!
プロフィール
Profile

ラウ


アクセスカウンター
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
権利表記
記載されている会社名・製品名・システム名などは、各社の商標、または登録商標です。