新七支公レポ

 実装から一ヶ月経とうとしているのに、轟雷公フルカンと古樹公ユムカクスはあまりにも評判が悪いので、シャウトは多いのに敬遠気味でした。

 まあ図書館の報酬装備とかあるし、一度くらいは経験しておくかと、このたび重い腰を上げて参加。

 感想は……アナタが抱いているものとほぼ同じだと思いますw


 ■ユムカクス

 コ/赤で参加。LSやPTには混ざらず、現地で紛れ込もうという算段で直接向かいました。

 ヨルシア森林は近年稀に見る才能に満ち溢れた素晴らしいマップなので、歩いているだけでなんとも言葉では表しきれない気分にさせてくれます^^ 作った人は天才だと思います^^
 地図なんかに頼らず自力でマッピングしたり、ネットで地図を調べるなどユーザーの努力を促す構造が実に巧妙^^^ マジでこのエリア考えた人の顔を見てみたいです^^^^^^

 ああいや、エリアのことはどうでもいい。七支公七支公っと……


 とりあえずシャウトで募った先行組のおかげでレイヴには阻まれず、ネットで拾った地図を見ながらでなんとか迷わずに現地へ。参加希望を出しながら突入するとすぐにPTに拾ってもらえました。
 あとは、露払いや回復などの援護を受けながらひたすらクイックドローを撃つだけの簡単なお仕事。

 ちなみにユムカクスはTP技で超強力なリジェネをまとうことがあるため、無駄に殴るとTPモリモリ回復モリモリになるので、ダメの通りにくいクイックドロー以外の攻撃はNG。脳筋フルボッコが通じないとはなんて神バランスなんだろう(棒)

 何度か範囲技で転がりながらも、2時間ほど(これでも短い方みたい)で戦闘終了。
 気になる報酬は宿木とパートリケープ。あいにく装備ジョブが青くらいしかないので個人的にはハズレ。というかフルカンもそうだけど、武器防具が劇的性能すぎてアクセサリの微妙さが際立つ……



 ■フルカン

 モ/踊で参加。今回は素直にシャウトに応募し、主催の人から一時的にLSをもらってアラに入れてもらいました。
 編成や作戦の意思疎通が取れるのはいいけど、かつての裏みたいな人数がどっと押し寄せるから主催者はかなり大変そうでした。話を聞かない人、段取り無視して突っ込む人など何故か必ず一人はいるし……俺だったら胃に穴が空いてますわw

 マリアミ渓谷はクライムスキルさえ取ってれば比較的楽に移動できるのが素晴らしい。障害物らしい障害物はコロナイズだけだし、広い場所が多いから敵を避けながら進むのも楽だし、何より見破りがいないw


 そんなわけでフルカンの根城までの道はすこぶる楽ではあったものの、戦闘はなかなかの死闘になりました。
 C.レート100%だというのに、範囲技で2500とか3000とか叩き出すので、死体の山がどんどん積み上がっていく悪夢。アビセアでもないのにそんなダメージ耐えられるかっつの! C.レートに応じて弱くなるんじゃなかったのかよ!

 敵の攻撃は激しかったものの、こちらもコルセア部隊の編成をしっかりしていたこともあって順調に削り、90分ほどで終了。それでもメナス2戦分の時間がかかるとか絶対おかしい。


 報酬は石つぶてw そしてフンアープがポロリ。
 一発で武器キタ――(゚∀゚)――!! ……うん、正真正銘当たりだし、嬉しいんだけど、どうせなら両手鎌か頭の方が……いやそれは贅沢ってものか。「俺はソレが欲しくてフルカン通ってんじゃー!」って人には申し訳ないけど、でもあまり獣使うことがないし……うーむw


 ひとまずこれで新七支公のクリアフラグも揃ったので、好きな装備を図書館でもらえるようになりました。何をもらうかは6日のアップの後で考えよう。
 あとボナンザ3等の景品と、ログインキャンペーンの交換品も何をもらうか考えておかないと。3等も当たったはいいものの個人的には微妙な景品ばかりでこれまたうーむうーむと唸っております。

 フルカンと言い、ハズれた人には嫌味にしか見えないなコレ! すいませんでした!


スポンサーサイト

テーマ : FINALFANTASY XI
ジャンル : オンラインゲーム

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール
Profile

ラウ


アクセスカウンター
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
権利表記
記載されている会社名・製品名・システム名などは、各社の商標、または登録商標です。