FF11今更豆知識まとめその9

 「面倒くさいから今日はワークスコールやらないで、適当なの受けてチケット貯めておくか~」
 を繰り返し続けた結果、オファー欄がずらっと埋まってしまって軽く絶望してる俺です。これを書いている現在、全部合わせると50枚超のチケットがストックされてます\(^o^)/

 夏休みの宿題を後回しにして遊びまくり、8/31に真っ青になる感覚に似ている…かもしれない。


 黒字が本文、青字が補足、そして赤字がまとめにあたって新たに付け加えた補足です。
 7/30追記:その84の赤字補足を訂正


 FF11今更豆知識その81。競売所で入札して落札結果待ちの間に、キャンセルボタンを連打して競売メニューウィンドウを閉じると、その時点で落札結果が返ってくるのでちょっとだけ時間短縮になる。ただし落札できなかった場合続けて入札するのが面倒という欠点アリw

 FF11今更豆知識その82。シグネット、サンクション→該当エリアの敵を狩ると獲得経験値に応じて戦績入る。シギル、イオニス→敵を狩っても戦績入らない。かかってないとクリスタルが出ないのだけは共通。
 シギルとイオニスの対応エリア、つまり過去エリアとアドゥリンエリアで戦績が欲しい場合は、カンパニエやコロナイズなどで稼ぐしかないわけです。アドゥリンエリアでは敵を倒した後にたまに出現するSoul Pyreから戦績をゲットすることもできるものの、確実ではない上に少なすぎて効率が悪いのであまりおすすめしません。

 FF11今更豆知識その83。あやつるの成功確率は、メイン・サポを問わず使用者の獣使いのレベルが高いほど高くなる。例えば獣使いのレベルが99の人と60の人でサポ獣のあやつるを使った場合、その他の条件が全て同じでも成功確率は前者の方が上。

 FF11今更豆知識その84。コールチケットを15枚以上貯めておける方法。適当なワークスコールをチケット3枚で受けておく。これだけ。キャンセルすればチケットが返ってくるので、擬似的にストックしておけるのだ。
 特定のワークスコールにチケットをつぎ込もうと思っていても、チケットをキープするために受けていた別のワークスコールをうっかり達成してしまう(例えばPIOの進路確保とか)可能性もあるので注意。報酬は入るし評価も稼げるので、まったくの無駄になるということはないけれど。

 FF11今更豆知識その85。モンクのAFがオレンジ色なのは、『願いを叶える龍の球を集めるマンガ』のあの胴着を意識したから。

 FF11今更豆知識その86。NPCに話しかけたりイベントシーンを利用した強化効果の「時間止め」ができなくなったが、タイマーが経過し続ける=リジェネ、リフレシュ、リゲインの効果も続く。しかし黙想だけはイベントが挟まるとその時点でTPの上昇がストップしてしまう。
 実はナイズルやサルベージ等で次の階層に移る時のワープの間は、以前同様強化効果のタイマーが止まります(ほんの数秒なので影響はほとんど無い)。そしてこれもまた黙想の効果を中断してしまうので、ワープ直前に黙想は使わない方がいいです。

 FF11今更豆知識その87。ディシディアに隠しキャラとして参戦しているシャントット様。各属性の攻撃魔法を撃つ時、よく見るとちゃんと対応した属性杖に持ち替えている。…これFF11というかディシディアの豆知識だな。

 FF11今更豆知識その88。魔導剣士のエンチャントルーンの追加ダメはエン系などより優先されるため、ナor暗でサポ剣にした時は、エンライトの命中アップ、エンダークの攻撃アップ効果の減少を防ぎ最大値をキープできる。
 エンライトの命中アップ、エンダークの攻撃アップはそれぞれの追加ダメが発動するたびに効果が減少するので、ルーンの追加ダメが優先される=エンライト(ダーク)の追加ダメは発動しないので最大値が持続するわけです。しかしルーンは良いことずくめではなく、サンバや武器の追加効果も発動しなくなるので注意。

 FF11今更豆知識その89。移動速度アップ装備の効果は重複しない(狩人でクリム脚+ファジン等)。なおダッシューズは「エンチャントで移動速度アップの強化効果がつく」なので問題なし。

 FF11今更豆知識その90。格闘による攻撃は打属性ではなく格闘属性である。アビセア青弱点や、ダメ補正のかかる相手(ツボ骨スライム等)が共通すること等から勘違いされがちだけど別物。補正値は打属性の補正値の約半分となる。


スポンサーサイト

テーマ : FINALFANTASY XI
ジャンル : オンラインゲーム

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール
Profile

ラウ


アクセスカウンター
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
権利表記
記載されている会社名・製品名・システム名などは、各社の商標、または登録商標です。